政党座標テスト

あなたの友人のひとりが自分の政党座標にあなたをリンクしたので、あなたはここにいます。それは:

  • 完全に右派と左派の中間, 完全に共同体主義と自由主義者の中間
テストを受ける
 

四分円の説明

左派-自由主義(社会自由主義):この象限に当てはまる人は、必要な人々に社会的利益を与えるため、市場に課税をする一方で、個人の自由を支持しようとしています。個人の自由と社会的公正のバランスを求め、多文化主義や宗教と関係のない政府、そして国際協力を支持していると自分達をみなす傾向にあります。社会問題における国家関与に対し一般的には懐疑的ですが、それでもなお国家に差別防止と平等の扱いの保証において正当な役割を見出します。

右派-共同体主義(保守主義):この象限に当てはまる人は、従来の社会体制と経済秩序を維持して、国家主権を支持しようとしています。自分達の先祖が求めたこと、厳しい移民法や伝統的な価値、そして強固な軍隊を支持することの擁護者として自分達をみなす傾向にあります。一般的に国家安全保障と文化において国家に役割を見出しますが、経済における国家関与については、より懐疑的である傾向にあります。

左派-共同体主義(社会民主主義):この象限に当てはまる人は、社会と経済両方の問題に対して共有した解決策を促進しようとしています。混合経済の効力と万人への福祉国家により、行き過ぎる資本主義を抑制して不平等を減らす統治形式を支援していると自分達をみなす傾向にあります。参加型民主主義と国家を手段とする社会を通して、総体的な解決や経済再分配、そして共通価値を促進しようとしています。

右派-自由主義(自由至上主義):この象限に当てはまる人は、すべての点で主要な政治的利益として自由を支持しようとしています。個人と経済、両方の自由に対し忠実な支持者として自分達をみなす傾向があり、共同計画と目標に非常に懐疑的です。その代わりに任意組合の原理と個人の判断能力を強調します。一般的に自由主義者は、他の3つの四分円の中で、個人よりも国家にそれほど役割を見出さず、その代わりに市場の自発的社会秩序を信じます。

理論と着手方法

横軸:左派-右派

当テストでは、左派-右派軸は、右派が経済的な自由と放任主義政策を 支持する一方で、左派は国家の干渉と経済的規制を支持する回答者の経済的な視野の基準として用いられます。これは、右派が個人間の取引は原則として政府の干渉に束縛されるべきではないと考える傾向にある一方で、左派は、自由市場の不公平またはモラルのない側面として考えられることを抑制する国家の取り組みを支援する傾向にあるということです。

しかし、経済問題に関する回答者の立場をカバーする定義は、2グループ内で見られる考慮すべき多様性を説明するのに十分ではありません。従って、二番目の軸を紹介します。

縦軸:共同体主義-自由主義

すべての自由主義は、個人の自由は社会の必要性に応じることよりも重要であることを支持する信念から始まります。左派自由主義は、教育や物質的な満足がなければ、形式的な自由を活用することはできないということを主張する傾向にあります。その観点から、これには裕福層から貧困層まで再分配が必要です。対照的に、右派自由主義は他人への福祉給付金を提供するために自分の意思に反して個人に課税することは強制行為、例えば「個人の自由のはく奪」を制定していると主張する傾向にあります。貧困層のためにチャリティを支援する、または援助をすることはありますが、任意であることを好みます。

すべての共同体主義は、コミュニティの福祉は、特定の個人の特有の要求よりも重要であるべきであるという信念から始まります。右派共同体主義者は、「政治の父の見解」と呼ばれるようなことを取る傾向にあり、階級制社会を支持し、犯罪者は刑務所に入り、海外の権限は強固な防衛で阻止するという脅威の厳しい見方を取ります。その部分として、左派全体のイデオロギーが自由主義の価値を維持する傾向にある一方で、研究はコミュニティのより伝統的価値観に対する支援と、移民に懐疑的な見解を持った左派寄りの経済見解を組み合わせた大部分の投票者に向ける傾向に形成されています。(Mudde 2013)

欠点と限界

当テストは、現代の西洋民主主義国内で築いた政治的な意見の主流を取り扱うために考案されています。これは、当テストが無政府組合主義、無政府資本主義、正統的社会主義そしてファシズムというような極端またはニッチな意見に順応する難しさがあるという意味です。当案により設定された比較的シンプルな四分円内における意見の全範囲をカバーすることを主張する現存の政党同調度テストがある一方で、実用的な結果(ヒトラーや金正恩に近い中道派の民主主義リーダーを位置づけるというような)は、通知するよりも混同するように思われます。

もうひとつの問題は、両軸とも理論上は平等に重要である一方で、実際として、同盟は左派-右派の分類を超えてめったに形成されないということを議会政治の現実が表す傾向にあります。自由主義と共同体主義は、原則として片方に対し同盟を形成することは可能であるべきですが、これは実際の政治ではほとんど全く起こりません。従って、左-右軸は欧米の政治では単独で最も重要な定義が残るというものの、時代遅れであるとよく言われてきました。

参照

Mudde, C.: 「西ヨーロッパの人民主義極右党の30年:それが?」ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・ポリティカル・リサーチ 52号 第一刷発行:2013年1月